2017.07.10

山頂周回線歩道(通称:お鉢めぐり)の部分開通について

7月2日、富士山頂を一周する富士山頂周回線歩道(通称:お鉢めぐり)の登山道状況調査を実施しました。
調査の結果、剣ヶ峰白山岳方面(北側)において残雪が例年に比べ多いことが確認されました。

安全面を考慮し、全線開通を以下の通り部分開通とすることとし、本日開通しました。
(全線開通時期は追ってお知らせします。)


また、吉田・須走側のトイレは7月8日より、富士宮側のトイレは本日より開所しています。


【山頂周回線歩道(通称:お鉢めぐり)】
 部分開通:剣ヶ峰 - 駒ヶ岳 - 久須志岳間(剣ヶ峰の三角点には行くことができます。)

 
※下記図の紫ラインは通行止め区間です。(剣ヶ峰-白山岳-久須志岳)
   ×印の場所には通行止めを示すロープを設置しています。

剣ヶ峰直下、白山岳方面の様子(7月2日撮影)